2005/08/31

シカゴ@東京国際フォーラム

先週金曜日から、29日の月曜日まで東京に遊びに行ってきた。
そこで28日の日曜日、ブロードウェイミュージカルの「シカゴ」を見てきた。
3階席の最前列だったので、とてもよく見えた。
驚いたのは字幕スーパーが電光掲示板を通じてステージの左右で表現されていたこと!
話の展開がその分とても分かりやすく、英語だからわけわからん・・・と嘆くこともなく、めちゃ良かった。
内容も雰囲気も過去に見た舞台では、1、2位の作品かな?(あくまで個人的感想)
東京公演が終われば、来週は大阪で4日間?の公演。
また見たいと思う作品でした。
チケットを取るとき、正直悩んだ。難しいんちゃうの?とか、値段に見合うのか?とか。大人な雰囲気だけに見る人もそれなりの格好を求められるんちゃうの?とか・・・
でも、そんなことは公演後吹き飛んだ!!!
見る価値あり。
断言できるほんものの作品どす。

2005/07/24

ミートザワールドビート2005

真夏の恒例、FM802のミートザワールドビートに行ってまいりました。
途中からしか見ることができなかったけど、スキマスイッチ、ヤイコはフルに見られた。
スキマスイッチは、本当に見事なアフロにびっくりした。歌は「全力少年」は知ってたけどその他の歌も聞かせるなあと関心。
ヤイコは、1.Creamed Potatoes/2.Ring my Bell/3.Buzzstyle/4.マーブル色の日/5.Look back again/6.My Sweet Darlin'/7.マワルソラ(順番間違ってたらすみません。抜けててもすみません。)
アコースティックツアーでは見られなかった、いつものバンドメンバーたちも見られて良かった。ドラムの臼井かつみさん、なんだか綺麗になったような?!
トリは、ミートザワールドビート初出演のCHEMISTRY。
本当に惹きこまれるように歌に聞き入った。
カバーのEvery Bless you takeや、Change the worldもオリジナルとはまた違う感じがたまらなくええ。
野外イベントはビールが定番。でもウィスキーもいいなと思わされた。

日焼けで、腕がひりひりするけど、夏のいい思い出になりました。
また来年もここにくるぞ~。

050724220631.jpg

2004/08/02

矢井田瞳 万博ライブ

今日は、ヤイコの野外ライブ「GIRL’S TALK 2004」の日だった。
2年前の万博は37度を超えるような猛暑の中スタートした。
今年は台風の影響もあり、進路と進み具合では1日に重なるかもって思ってた。
幸いにも台風は大阪には、大きな影響がなかった。ラッキー。

ステージ向かって左側のAブロック。
レジャーシートを広げて、靴を脱ぎリラックス。芝生の感覚が心地よい。
結構ぎりぎりの来場だったから後ろのほうに構えて開演を待つ。
やっぱ、今年も多い人やな。

17時40分ごろいよいよ開幕。
ヤイコの声が万博の空に響いていく。

”I CAN FLY”の時、風がとても気持ちよかった。本当に空が飛べそうに思えてくる。
”B’coz I love you”の時のサブステージが盛り上がった時は驚いた。くぅ~、やってくれるね。
”My sweet darlin”の最後に花火が打ち上げられた。
少し遅れて打ち上げられた二回目の花火の音にびっくりした。
”手と涙”を聞くと、何だか涙を誘われそうになる。

さぁ、いい歌が続いてこれからしんみり系がくるかなって思ってたら、ここでまさかの終焉。
なんで?どうして?具合でも悪いんかな?
いろんな疑問がわく。
係りの人の講演終了のアナウンスが響くも、演出だろうと誰もが思うけど、ほんまに終わった。
時刻は19時15分。短いぞ。
長さが大事だとは思わないが、何か消化不良。

今年3回目のヤイコのライブ。
来週の大阪城西の丸公園の野外ライブも行きたかったけど、来週は仕事。
一回一回、楽しいライブで次また来たくなるのに、今日はそんな感じにはなれなかった。
なんかやっぱり理由があるということを信じて、聴いていない曲に期待するより、聴けた唄の印象を大事にしよ。


最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ