« セレッソ、がんばれよ(BlogPet) | トップページ | 大復活祭 ああ、吉野家よ! »

2006/09/18

TBSドラマ「僕たちの戦争」

連休で、久しぶりにテレビドラマを見る時間ができた。
戦争の悲惨さを繰り返さないようにと、3年前からのシリーズ第3弾。

現代と終戦直前の日本の時代に主人公がタイムスリップしてしまう話は、今井雅之の「ウィンズオブゴッド」を思い出させる内容。違う点は、現代の人間だけが過去へタイムスリップしているのではなく、過去の人間もまた現代へとタイムスリップしてしまっている点。どちらも森山未来が演じている。

印象的だったのは、現代へとタイムスリップした青年が今の現代のありようを見て、「こんな日本にするために多くの戦友が散っていったのか?!」と叫ぶところ。

話はなかなか良くて、森山未来の演技がよかった。でもひとつ気になるのは現代の2006年8月16日に沖縄の海で死に掛けた青年がまた戻ってきたところ。彼はいったい誰なのか?健太(現代から過去へ行った青年)なのか吾一(過去から現代へ来た青年)なのか?吾一でなければ、健太は南のお腹の赤ちゃんを理解できるのか?と最後に何だかきれいなようなそうでないような疑問を投げかけるような終り方になってしまって少々残念だ。


« セレッソ、がんばれよ(BlogPet) | トップページ | 大復活祭 ああ、吉野家よ! »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45371/11938365

この記事へのトラックバック一覧です: TBSドラマ「僕たちの戦争」:

« セレッソ、がんばれよ(BlogPet) | トップページ | 大復活祭 ああ、吉野家よ! »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ