« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/31

セレッソVSアントラーズ

ここ2ヶ月、負けなしのセレッソの勇姿に惹かれ長居へ足を運んだ。
今日の相手は現在2位のアントラーズ。ここでアントラーズに勝てば優勝争いに大きく前進することになる非常に大事な一戦だった。
秋晴れのさわやかすぎる青空の下、キックオフ。
好調セレッソといえども相手も常勝アントラーズ。この試合を落とすことになればその痛みはとても大きいことは経験が物語る。警告が多く出された荒れた試合展開に、途中アントラーズは新井場、セレッソは西澤をレッドカードで退場処分となり10人同士の戦いとなった。後半ロスタイム終了直前、ファビーニョのシュートが外れたとき、グランドをたたく選手の姿が目立った。もしあのシュートが入っていたらと思わざるを得ない瞬間だった。まあ、貴重な勝ち点1を取れて、4位の順位。ガンバも負けて上位5位までは勝ち点5の僅差にある。今、Jが熱い。

2005/10/27

ここ最近

転職して、もうちょっとで2ヶ月。最初の1ヶ月を越えてからというもの、めちゃめちゃはやい。
しかもここ最近家に帰ると23時を軽く超えている。
晩御飯食べて、風呂入って、寝る。
平日の数少ない貴重な時間。
今日は久々に21時には家に戻っていた。
ゆっくりできるって素晴らしい。
家に帰り、日本シリーズを見ると2-3で阪神はロッテに負けていた。すでに8回ウラ。
もほや「奇跡」に期待して、応援するも残念ながらの4連敗。
結局2年前の忘れ物を取りに行くことができず、またの目標となった。

でも、この時間の贅沢さは何よりも良かった。
たまには早く帰るのは、めちゃ大事。

2005/10/17

Happy Wedding T.K&M.I

土曜日、大学時代からの友人の結婚式があった。
お色直しの際に、新郎新婦の幼いときからの写真をつなげたDVDを流していた。
そのDVDを見れただけでも充分感極まるいい作品に仕上げっていた。
TEAM三撃、お疲れ様でした。
嬉しい楽しい一日でした。

2005/10/11

白線流し

先日、10年にわたる名作ドラマが幕を降ろした。
「白線流し」。当時確か21歳だった私は、自分のほんの少し前に体験した高校生活と照らし合わせながら見てた。ドラマ以降も、スペシャルは楽しみにしていた。
結論からいうと、今回の最終章はなかったほうが良かったと思う。
「白線流し」独特の暗さというか、悩みに悩みを重ねていくような深いドラマがこのドラマのいいところだったのに、今回のでもう終わりにすんの?って感じでした。渉の奥さんを病気で他界させるのは、邪道だと思う。安易に感動を誘おうとしているかのようだった。最後のシーンで、みんなそれぞれが夢を追い続けていってる姿は見てて気持ちがいい。でも、もうちょっと丁寧に7人を描いて欲しかった。長谷部との結婚を選ぶと言うのも逆に真実味があって良かったのではないか?
これで終わりだと思うと、なんかやりきれない後味の悪さがある。

2005/10/03

ドラフト、どうなん?

史上初の高校生ドラフトが行われた今日。報道ステーションでそのニュースを見て驚いた。
辻内選手を指名したオリックスと巨人の二チームによる決戦投票。
あたりと思って腕を高々と上げたオリックス。でもそれが、巨人の間違いであるとあとで判明。
オリックスが交渉権を獲得したときに報道陣から求められたコメントの苦しそうな顔。
その後一変して巨人だったことが分かったときの笑顔は、その気持ちの正直さが伝わってきた。
事態はこれだけではない。
台湾からの留学生、福岡第一の陽選手を指名したソフトバンクと日本ハム。
本人は留学先の福岡であこがれの王監督を希望。
こちらは先ほどの辻内選手とは逆の結果に。
当初、ソフトバンクに交渉権が獲得されたがこれまた間違いで日本ハムが正。
ソフトバンクに指名されたときの言葉にならない喜び。涙でコメントがでない様子は痛いほどリアル。
それが日本ハムだとわかったときの苦渋の顔。でも、何かをこらえているかのような顔はいい顔だった。
大人の間違いで振り回される事態は何ともかわいそう。
今のプロ野球の実状を反映してるかのようだ。

2005/10/02

セレッソおまけ

051002220515.jpg

3点目が入って歓喜にわく長居スタジアム。
勢いの差を見たような瞬間だった。
写真ではもひとつ、その勢いは伝わらないけど。。。

久しぶりのセレッソ

約2年ぶりに長居スタジアムに足を運んだ。最近のセレッソはちょっと違う。この日も、3位レッズ相手に圧勝!チーム初の5連勝のおまけ付き。この調子だとさらなる結果も残せそう。J1でのリーグ通算88点目を上げた森島。J2時代の12得点を加えると記念すべき、100ゴールだとか。この勢いだとJ1での100ゴールは夢じゃない。まだまだ時代は続く。

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ