« 上棟式にて | トップページ | 福祉住環境コーディネーター試験 終了 »

2005/07/05

ドラマ「いま、会いにゆきます」

夏のドラマ、先陣を切って「いま、会いにゆきます」が始まった。
原作、映画とともに厚い感動を得たのはついこの前。
ドラマの方にも期待はかかる。

キャストは今ドラマを見て初めて知った。正直ミムラも成宮寛貴も出てるドラマとか見てなかったからイメージが分からなかった。そこへ子役の佑司が武井証くんで同じのに驚いた。映画版と同じキャストでくるからには、なにかしらの意味があるからでしょう。

ドラマ前半、映画版の世界に似ているようで、何だかいい感じ。ただ秋穂家はあまりにぼろくないか?!
巧のイメージは中村獅童があまりにぴったしだっただけに、成宮寛貴の清潔感さが何となく違和感?
ミムラの透明感ていうかそれは、竹内結子版と比べてもそれはそれはいい感じに思えた。
さて子役の佑司はと言えば、映画版は純情無垢といったまっすぐな子供だったように思えた(少々忘れ気味(汗))が、
ドラマ版は同じく純情無垢さはかわらないがそれに子供らしい「欲」を前面に出しているように思えた。
母を求める強い心が、映画版以上に出ていたように思う。

周りのキャストは、「ヤンキー、母校に・・」の安藤先生役の余貴美子。ついこの前「エンジン」に出ていた岡本綾。
うさんくささがいい生瀬勝久。その妻にドラマでは意外な中井美穂。

最後にメインテーマはオレンジレンジ。そこからも似ているようでまた違った「今、会いにゆきます」を期待せざるをえないでしょう。来週も楽しみです。


« 上棟式にて | トップページ | 福祉住環境コーディネーター試験 終了 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45371/4834302

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「いま、会いにゆきます」:

« 上棟式にて | トップページ | 福祉住環境コーディネーター試験 終了 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ