« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/30

「スターウォーズ エピソード3」見てきました~

いや~、この日をどれだけ待ったか!遅れながらも今日やっと、スターウォーズ エピソード3見てきました。
思い起こせば、初めてSWシリーズを見たのは、中学生の頃ぐらいに、エピソード6を見たのがそもそもの始まり。
映画館ではなくて、テレビでの放送だったと思う。イウオークの住む豊かな惑星エンドアでの、スピーダーバイクでの追跡シーンを見たときの感動は今でも忘れられない。もうあれから、何年だ!?

以下、ネタばれ入るかもしれません。


見終わった後、正直ほっとした。
他の人のブログでも書かれていたけど、ジグソーパズルの最後のひとつを入れたときのような感覚だった。
世界中に多くのファンを抱え、まさにサーガとしてのこの映画は、エピソード3が始まる前から、話の流れが分かっていることが他のシリーズとは異なるところでしょう。暗黒面に引き込まれたアナキン、双子を出産することになるパドメ、ジェダイの最後の騎士となるオビワンとマスター・ヨーダ。みんな知ってるその展開にどういうかたちのパズルを入れてくれるのかなって感じだった。

正直、2時間30分はあっという間であった。

でもそのパズルのピースを期待して見ていくと、思わずつっこみたくなるようなところも少なくない。

特にその最たるのはやはり、善人だったアナキンがどうして悪の塊、ダースベーダーになりえたのか?だろう。
愛する人を失いたくはないという、当たり前の感情からフォースの暗黒面に引き込まれるのは分かるけれども、
もう少し葛藤というか苦悩しているところを見せてほしい。そこのところが急ぎすぎな気がして、気持ちがついていけなかった。ジェダイという特別な存在のなかで、さらにその力を過信する若き才能と野心の持ち主だからこそ、「死」という避けられない運命すら変えられると思ったのだろうか?ちょっと、短絡というか、強引というか。

また、衝撃的なシーンは多かった。

ジェダイが、裏切りに遭い多くの星星で殺されていくところ。
アナキンとオビワンの最後の決闘のシーンで両足と左手を失ったうえに、マグマに焼かれたところ。
そのホント死ぬ間際といってもおかしくないときに放った、アナキンの言葉、「許さない」。
その状況下でインプットされたオビワンへの怒りは、後のエピソード4での再会にしてはやけに冷静でないかい?
スーツをまとったダースベーダーが、パドメの死を知った時に叫んだまるでチューバッカのような雄たけび。
悲しい。ただ悲しい。本当の意味で悪の手先となった瞬間はこのときでしょう。

その他、気の付いたこと。
実はR2-D2は非常に攻撃的で、たくましいということ。
冒頭の戦闘シーンでのいかにも戦闘的なドロイド2体を焼き上げるなんて!!
ヨーダは、強い。エピソード2でドゥークー伯爵とバトルを演じた時以上の強さは感動もの。
そのエピソード2での死闘の相手を軽々と倒してしまうアナキンは、考えられないほど成長してたんだなということが分かる。


このエピソード3、ストーリーの細かい心境の変化は一度見ただけじゃ、浅い、浅い。
またじっくり見ることにしようっと。

2005/07/24

ミートザワールドビート2005

真夏の恒例、FM802のミートザワールドビートに行ってまいりました。
途中からしか見ることができなかったけど、スキマスイッチ、ヤイコはフルに見られた。
スキマスイッチは、本当に見事なアフロにびっくりした。歌は「全力少年」は知ってたけどその他の歌も聞かせるなあと関心。
ヤイコは、1.Creamed Potatoes/2.Ring my Bell/3.Buzzstyle/4.マーブル色の日/5.Look back again/6.My Sweet Darlin'/7.マワルソラ(順番間違ってたらすみません。抜けててもすみません。)
アコースティックツアーでは見られなかった、いつものバンドメンバーたちも見られて良かった。ドラムの臼井かつみさん、なんだか綺麗になったような?!
トリは、ミートザワールドビート初出演のCHEMISTRY。
本当に惹きこまれるように歌に聞き入った。
カバーのEvery Bless you takeや、Change the worldもオリジナルとはまた違う感じがたまらなくええ。
野外イベントはビールが定番。でもウィスキーもいいなと思わされた。

日焼けで、腕がひりひりするけど、夏のいい思い出になりました。
また来年もここにくるぞ~。

050724220631.jpg

2005/07/21

「さいごの約束」

アンビリーバボーの中で「さいごの約束」というのをやってた。末期癌の夫とその妻のお話。酒造りを通して、ものを作ることの難しさが分かった。また本当の優しさは厳しさの奥にあるというのが痛いほど伝わってきた。有機農業で作ったまさに愛情の塊のお酒、「和の月」。年に2700本しか作れないことがその大変さを物語ってる。話自体は途中で展開がわかってしまうようなところもあるが、実話であるからこそ話の表面では語れない奥の深さがあるのでしょう。看護の大変さとか、酒造りの苦労とかなどなど。
本にもなっているそうで、大変気になる。必ず読むぞ!

2005/07/18

ゴッホ展

大阪・中之島へゴッホ展を見に。3連休の最後で公開最後ということで45分待ちでの入場。中は外以上の混雑。人に酔いながらも、教科書で見た作品を鑑賞。「夜のカフェテリア」?!の作品が一番印象的だった。050718220819.jpg

2005/07/17

MTVアンプラグドby 矢井田瞳

友達に頼んで、撮ってもらったMTVのアンプラグドを見てる。
出演は、日本人4人目の出演となったヤイコ。
全9曲の披露となった。
アコースティックのライブはええなぁ。
曲が温かいような気がする。
金沢まで見に行った、「オトノシズク」ツアーを思い出した。
この収録自体は、ツアーの始まる前に東京で撮ったらしい。
画面を通して、金沢の街が思い出される。
また、行きたいなぁ。冬の味覚よ、待ってろよ~

2005/07/14

10年ぶりの大学

今日、卒業以来初めて大学を訪れた。学生時代に参加してた海外ボランティアの集まりの分だった。10年経って、変わったところが増えた。でも変わらないところも同じくらい目に付いた。改めて原点を想う。懐かしい〜050714194312.jpg

2005/07/11

福祉住環境コーディネーター試験 終了

終わった。久々の試験。福祉住環境コーディネータの試験、2,3級併願受験乗り切りました。
2時間、2時間の4時間もぶっ通しではないけれども、試験用紙とにらめっこしたのはいつ以来だぁ?
3級は、ウォーミングアップって感じでやったけど、2級何だか難しくないかい?
ちょっと結果が怖いような・・・
ここ4ヶ月、ヒューマンの試験対策を受け、やれるだけのことはやった。
8月26日が結果発表とのこと。
果報は寝て待て。
そんなに余裕ではいられない。。。

2005/07/05

ドラマ「いま、会いにゆきます」

夏のドラマ、先陣を切って「いま、会いにゆきます」が始まった。
原作、映画とともに厚い感動を得たのはついこの前。
ドラマの方にも期待はかかる。

キャストは今ドラマを見て初めて知った。正直ミムラも成宮寛貴も出てるドラマとか見てなかったからイメージが分からなかった。そこへ子役の佑司が武井証くんで同じのに驚いた。映画版と同じキャストでくるからには、なにかしらの意味があるからでしょう。

ドラマ前半、映画版の世界に似ているようで、何だかいい感じ。ただ秋穂家はあまりにぼろくないか?!
巧のイメージは中村獅童があまりにぴったしだっただけに、成宮寛貴の清潔感さが何となく違和感?
ミムラの透明感ていうかそれは、竹内結子版と比べてもそれはそれはいい感じに思えた。
さて子役の佑司はと言えば、映画版は純情無垢といったまっすぐな子供だったように思えた(少々忘れ気味(汗))が、
ドラマ版は同じく純情無垢さはかわらないがそれに子供らしい「欲」を前面に出しているように思えた。
母を求める強い心が、映画版以上に出ていたように思う。

周りのキャストは、「ヤンキー、母校に・・」の安藤先生役の余貴美子。ついこの前「エンジン」に出ていた岡本綾。
うさんくささがいい生瀬勝久。その妻にドラマでは意外な中井美穂。

最後にメインテーマはオレンジレンジ。そこからも似ているようでまた違った「今、会いにゆきます」を期待せざるをえないでしょう。来週も楽しみです。


2005/07/01

上棟式にて

今日は実家の方で、新築の上棟式がとり行われた。天候は、水不足の四国ならではといった弱々しい雨が時折降る不安定な天気だった。そんななか、今日一番の天気のいい瞬間とでも言える時に、上棟式が行われた。2階から見る景色は、生まれてから見てきたアングルとはまた違った感じで何とも言えず新鮮だった。神主さんのお払いを受け、何だか身の引き締まる感じがした。なかなか、今日は貴重な体験が出来た。
その後、夕方に四国にはこの梅雨始まって以来初の猛烈な雨が降った。祖父曰く、上棟式の後の雨は縁起がいいらしい。そんな1日。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ