« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/30

雨の日のできごと

久しぶりの雨が降った、梅雨の大阪。
昼から、少し会社に行く用事があったから自転車でいつものように出かけた。
雨の日の傘差し運転、少し見通しの悪い曲がり角で、同じく自転車に乗ったおばはんと出会う。
「右側通行するなよ~」っと思わず嘆いてしまうぐらいあわやの衝突寸前。
急ブレーキのため、かっこ悪いが自転車倒す。
雨の日、起こりうる可能性が高い分、気にはしていたがいざ、本当のことになると腹ただしい。

自転車置き場に到着して気付く。
自転車の鍵がひとつない。
2つ用意している自転車の鍵、本体をなくしているのに気付く。
さっきこけた時に落としてしまったらしい。
急いでいたこともあり、帰りしなにでも探そうかと思って、会社へ。

夕方、会社を出て、こけた曲がり角をゆっくり自転車で走行。
自転車を止めるくらいゆっくりきょろきょろしていると、その現場でもあった定食屋のおばさんがふいに店先から出てきて、叫ぶ。
「兄ちゃん、鍵探してる?これちゃうか?」「はい、そうです。ありがとうございます。」「気ぃつけて帰りや。」

素直に嬉しかった。何気ないやり取り。でも大阪のおばはんのいいところを見た。
「いいことを体験した人は必ず、いいことを他の人に返すことができる」
そういう持論をもっている。
誰かにそれを伝えたい一日だった。


2005/06/16

はじまりましたMTWBへの道

今年も始まった、毎年恒例のFM802の無料招待野外ライブ、ミートザワールドビート。
年々その招待券ゲットに向けて、ハードルが高くなってきている。
5年前に友達に誘われ見たMTWB。
良かったなぁ~。
青い空、白い雲。
そんな環境の下、今年こそはあのときの感動を再び味わいたいものです。

2005/06/13

映画「交渉人 真下正義」

本日、レイトショーで「交渉人 真下正義」見てきた。
待望の「踊る・・・」シリーズ第一弾、話題どおりの面白い作品だった。

前半の地下鉄の暴走シーンは、非常にタイムリーな部分となってその映像が少なからず、先日の尼崎の列車事故を彷彿させる。映画の最後のクレジットで、各協力機関の名前が出ていたが、神戸市営地下鉄や大阪市営地下鉄、またジェイアール西日本の名前が見受けられた。どういう形での協力かは詳しいことは分からないが、複雑な印象を受けてしまった。

まぁ、そこの部分は直接映画とは関係がないものであるので、別の問題としておこう。
映画のいろんなシーンに「踊る・・・」のキャラが出てくるのも、ファンとして何ともいえない面白さがある。
また、クリスマスイブの日を狙うあたりも犯人の屈折した性格があるなぁと思う。
結局最後まで、犯人がいったい誰なのかわからずじまいの結果ではあるが、犯人探しが目的ではないということなのか?!真下がするべきこと、そして守るべきものこそ、描きたい部分なのでしょう。クレジットの最後の指輪を見せ合うシーンは、いいですね。まだまだ続くぞ、踊るシリーズ!

2005/06/09

日本W杯、出場おめでとう

異例の無観客試合となった、本日のW杯予選、日本VS北朝鮮。
場所はタイのバンコク。
結果は、2-0での日本の勝利。ほんとおめでとう!

今日は水曜日だったので、ヒューマンでの講座の日。
試合の始まった午後7時35分は、まさに講座の最中。
今日はいつもよりも講座の参加者が少なかったように思えたのは気のせい?
試合は家に帰ってから、ビデオで見ようと心に決め、そして日本国民が結果をすでに知っているなか、
ひとり3時間遅れでの日本戦が始まった。

驚いたのは、無観客試合なのにサポーターの声が聞こえたこと。
なんとスタジアムの外からの応援だそうだ。
試合の内容をリアルタイムで見ることもできないのに、何とか気持ちを届けようとするその熱意がそこにあった。
まるでスタジアムの中でいるかのようなその音量は日本の大きな武器となった。

前半の展開に少しいらいらするものの、後半に投入された大黒の動きとシュートで終わる柳沢のプレーが印象的だった。やっぱりFWが点を取ると、チームの士気が上がる!
試合後の柳沢のお立ち台でのインタビューも好感が持てた。謙虚な感じで嘘やリップサービスがなく、ありのままの気持ちのように感じた。
大黒のゴールを見て、ガンバの試合も見にいかなあかんって思った。

日本に続きW杯出場を決めたイランとの8月の試合、是非日本の一位通過を目指し、がんばってほしい。
コンフェデレーションカップも期待します。

お疲れさまでした。

2005/06/02

矢井田瞳@金沢市文化ホール

もうおとといのお話。5月30日、今年初のヤイコのライブに行って来た。
場所は、関西から離れ、北陸へ。
とうとう追っかけデビューしてしまった。。。
金沢は人生初の場所。サンダーバードに乗るのも初めてだった。

今回のツアーはバイオリンとパーカッションとピアノとギターの4人編成のアコーステッィクツアー。
3年前くらいからヤイコのアコースティックライブが秋ごろあった。
招待制のライブだけに貴重なライブで、なんとか行きたかったが縁がなくていけずじまい。
今回のライブもヤフーオークションでgetした。金額も予算内でおさまり、ラッキーだった。

さて中身は想像以上のいいライブ。
最初から最後までずっと席に座ってじっくり聴かせてくれた。
歌詞もよく聞こえ、会場も大きすぎずヤイコを身近に感じられた。
原点でもある”HOW?”が見事に別の曲のようにアレンジされていて、今回のライブならではだった。
”ビルを見下ろす屋上で”も印象的で、感動。
MCは、ヤイコが他のメンバー3人をうまくいじり、めちゃアットホームだった。
ご当地ネタということで、金沢弁を幾つか披露されていたが、まるっきり分からず、周りの笑いに乗れず、寂し。

7月はFM802の恒例の野外イベント、ミートザワールドビートに出演とのこと。
今年は5年ぶりにチケットgetしたいなぁ。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ