« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/30

フリーマーケット@万博記念公園

フリーマーケット@万博記念公園

昨日、FM802の主催のフリマに行ってきました。お昼過ぎでもう終わりかけでしたが、ぶらぶら時間を過ごすだけで、気持ちよく過ごせました。写真は唯一の購買品の、観葉植物です。350円。

2005/04/25

2000安打達成おめでとう!古田選手

とうとうやってのけました古田選手。2000本安打達成おめでとうございます。
夜のスポーツ番組、NHK、うるぐす、すぽると、と、はしごして見てもその偉業さは輝きを失わなかった。

何よりも驚いたのは、今日のこの記念すべき2000本安打達成のボールをサインして、愛媛のファンに向けて外野席に投げ入れたことでしょう。去年、誰よりもプロ野球について考えた人だからこそ、その行動はより印象に残った。本人は今日のコメントの中で、記念ボールは家には全然持ってないですよと語っていたが、本当に天晴れって感じ。

まだまだ体の続く限り現役で夢をファンの皆さんに分け与えていってください。

2005/04/24

バリアフリー展2005

夜勤明けのどんよりとした頭を抱えながら、大阪南港で開催中のバリアフリー展2005に行ってきた。
ちょうど福祉住環境の勉強をしているので大いに参考になるだろうと思っていって来たわけ。

13:00からの無料セミナーに少し遅れたけど、『「個」を尊重した入浴ー浴室を上質で心地よい生活空間へー』というセミナーを聴講できた。約90分のセミナーだったが4人の講師の方のお話は非常に分かりやすく、参考になったと思う。
その後、福祉車両のブースで日産のコーナーで、アテネパラリンピックに参加された女子車椅子マラソンの金メダリストの方のお話を聞けた。生で見た金メダルは、正直どきどきした。アスリートの皆さんがあれを手にするために懸命に努力するのも、その輝きに魅せられる部分があるからだろう。いいものを見た。

今日の体験を7月の福祉住環境の試験に役立てられるようにしよう。

2005/04/20

「コンスタンティン」観ました

キアヌ・リーブスの最新作「コンスタンティン」観ました。
映画は今年2本目。前回は「僕の彼女を紹介します」。ここしばらく忙しかったもんなぁ。

さて、話はマトリックスのように現実世界と思ってる世界は想像以上に複雑な世界であることが分かるお話。
キリスト教にある程度詳しいと話がもっとわかりやすいのかなっと思う。
世の中には霊感が強い人も少なからずいて少年期のコンスタンティンのように、他の人にも霊とか幽霊とか当たり前のように見えているという話を聞くと本当の話だと感じる。
「自殺」はカトリック教では、大罪で葬式すら行えないなんてことも初めて知った。
自らその命を絶つことの罪の深さは、映画を観てつくづく勉強になったように思う。
あんな地獄の世界において永遠に苦しめられるなんて、ごめんです。

今の時代のように価値観が多様化している次代と異なり、大昔から国内外を問わず死後の魂の救済って、最高の目標だったんだなと思った。最後、天使となったチャズの姿に、ほっとさせられる。

続編がいかにもありそうなこの作品。
何回も観るのは正直しんどいけど、割と良かったんではないでしょうか?


2005/04/18

反響~「美女缶」より~

何気にブログをチェックしていたら、なんかアクセス増えてるなぁと気付く。
どうしてかなぁと思って見ると、今週放送された「世にも奇妙な物語『美女缶』」の影響だと知る。
改めて作品のことを調べると、映画版がすでにあったことを知った。
これはめちゃめちゃ気になった。
早くレンタルショップ行こうっと。

「品質保持期間」が、lその人を好きでいられる期間だというブログのご意見を聞いて決して存在が消滅してしまうわけではないことを知って、正直良かったなぁと感じる。ただもとの妻夫木のご主人様の女性の方にとっては悲しいことに違いないけれども。あと、妻夫木自身もやがて捨てられてしまうかもしれないことは悲しき「美女缶」の定めなのかな?

2005/04/14

世にも奇妙な物語「美女缶」

春のドラマスペシャルで、世にも奇妙な物語をしていた。

5作のうち、4作目の妻夫木の出ていた「美女缶」が切なくて、良かった。
話の展開で実はその人はそれだった、っていうような展開があるけど今回もまさにそれだった。
ただ一作目のユースケ・サンタマリアの出ていた「倦怠期特効薬」と同じおちだっただけに最後の最後まで同じおちは考えられなかった。出来具合はぜんぜん「美女缶」のほうがよかったけど。

2005/04/09

江坂公園の桜

江坂公園の桜

春満開ですね。会社の近くの公園の桜です。昼過ぎから場所取りのサラリーマンがゴロゴロいました。のどかな1日のワンシーンでした。

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ