« 遅れましたが、日本の勝利 | トップページ | がんばれ、寺泉~救命病棟24時 第7話~ »

2005/02/19

救命病棟24時 第6話

遅れましたが、救命病棟24時、今週の第6話見ました。

印象に残ったのは、ボランティアに来ていた若者の態度を叱った河野(弟)君の行動でした。
未曾有の大災害に直面して、何か自分にできることはないかといった気持ちからボランティアに参加したもののやれ水汲みは重いから嫌だとか、トイレ掃除は臭いから変えてくれだとか、ほんと形だけ参加した姿は見ているものをいらいらさせるものの、まんざら特異な人の行動ではないように思えました。中にはこんなやつもおるやろうなと充分思わせました。それは大地震による被災すらも、日常の平凡さを紛らわすかのようなイベントのようにでも思ってる感じです。でもそんな若者の姿であっても時間とお金と体力を出していざその場にいることから、必ずしも100%間違っているとは言えないでしょう。そんなところが妙にリアルに思えました。

また寺泉先生がパフォーマンスからのボランティア活動から、本当に国会議員としてまた人間として何かをしようと悩むところを見て、ますます気になります。寺泉先生の行動は来週も見逃せません。

« 遅れましたが、日本の勝利 | トップページ | がんばれ、寺泉~救命病棟24時 第7話~ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45371/2990742

この記事へのトラックバック一覧です: 救命病棟24時 第6話:

« 遅れましたが、日本の勝利 | トップページ | がんばれ、寺泉~救命病棟24時 第7話~ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ