« 映画「僕の彼女を紹介します」 | トップページ | 「夜回り先生」のドキュメンタリーを見て »

2005/01/19

救命病棟24時 第二話見ました

今日のドラマ、「救命病棟24時」の第二話を見た。

つい先日、震災10周年の番組の中で聞いた、「トリアージ」について早速触れられていた。
瞬間的に治療の優先度を見極めて、ひとりでも多くの命を救おうとするために行われるこの行為。
進藤先生(江口洋介)の行動には、医者として今、この瞬間には何をすべきかについて多くを伝えていたと思う。
そして、体が自由に動ける人に対して、一人でも多くの人を助けてきて欲しいと訴える。
程度の違いはあれども、どんな時も今その瞬間にできることに全力を尽くすことの大事さを感じた。
仲村トオル演じる代議士の行動も一見すると、権力にものを言わせたような圧力的な言動には違いないが、
奥さんを助けたいと思う気持ちには違いない。今後この二人が対立を深めていくことになるのだろうけど、代議士先生の熱い行動を期待したい。

« 映画「僕の彼女を紹介します」 | トップページ | 「夜回り先生」のドキュメンタリーを見て »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45371/2620749

この記事へのトラックバック一覧です: 救命病棟24時 第二話見ました:

» 強い意志が周りの人たちを動かす… [DRIFT AWAY ]
 救命病棟24時。  それぞれの立場や個性がはっきりしてきましたね。  進藤先生 [続きを読む]

» 救命病棟24時「ひとりでも多くの命を!」 [Yuuya's Notelet]
 ドラマの内容にとてもリアリティがあって、テレビを観ているこの瞬間にも地震がやっ [続きを読む]

« 映画「僕の彼女を紹介します」 | トップページ | 「夜回り先生」のドキュメンタリーを見て »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ