« 救命病棟24時 第二話見ました | トップページ | トム・ハンクス「ターミナル」 »

2005/01/22

「夜回り先生」のドキュメンタリーを見て

夕方帰宅して、テレビをつけるとTBS系列で「夜回り先生」のドキュメンタリーが放送されていた。
以前にドラマでやっていたのをつい先日ビデオで見たところだったこともあり、関心度大だった。

やっぱりドラマと、現実は違うなとまじまじ思った。

ドラマの水谷先生と、現実の水谷先生を見比べてその意気込みとかバイタリティとかそういう「強さ」を感じずにはいられなかった。
講演会のなかでのこの中の半数がドラッグのことを知り、その半分が誘われ、およそ39人にひとりが現実にドラッグにはまっていくことを言われていた。身近なことなんですね。
薬にはまらないような環境を作るには、ただ強者が弱者を責め非難する構造ではいけない。
いいんだよ、と認めるところから周りを取り囲む空気が変わり他人に対して優しくなれる。

いろんな場面で悪い環境を作る要素があふれてる。自分自身もその一役を担ってるのかもしれないと思うと反省です。

« 救命病棟24時 第二話見ました | トップページ | トム・ハンクス「ターミナル」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

トラバありがとうございます。

ETVでやってた頃から知っていた知人に言わせると、
生の水谷さんはもっと迫力があるそうです。
でもその迫力とは対照的に、子供たちに向けるまなざしの優しいこと。

やはり「現場」に立ち続けると言うことは半端な覚悟では出来ないのでしょう。

またちょくちょくお邪魔させていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45371/2655217

この記事へのトラックバック一覧です: 「夜回り先生」のドキュメンタリーを見て:

» 書きたいことが [愚者の思考]
 結構、書きたいことがあるのに、時間がなくて書く暇なかった。 昨日は、「完全実録 [続きを読む]

« 救命病棟24時 第二話見ました | トップページ | トム・ハンクス「ターミナル」 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ