« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005/01/24

トム・ハンクス「ターミナル」

珍しく、連休で割りとのんびり過ごしてる。
家でごろごろしてるのもなぁって思って寒風に負けず気合入れてバイクを飛ばす。

映画「ターミナル」、見てよかった。
言葉が通じない環境で、もしひとり空港で取り残されるようなことが起きたら?
と、疑似体験をさせてくれるのは、同じトムハンクス主演の「キャストアウェイ」でも同じ。
映画を見て、やはり食べていくことの大事さっていうか食べることは生きることだと思った。
頭を使って、お金を稼ぐ方法を得て手に入れたハンバーガーは、こっちまでおいしさが伝わった。

また約束を守るということの大事さも感じた。
それが利にかなわない物だとしても、約束を守り続けた男だからこそ、空港で働く多くの人たちから共感を得たのだと思う。
ただ「待つ」、そのことに絶望を感じずプラス思考というか前向きに行動する。
映画の中で諦めると決断したのは、ビザの発行許可の署名を求めに言ったときに出された交換条件を出された時だけだろう。ニューヨーク行きを諦め故郷に帰ろうとしたその時だけじゃなかったかな?それもインド人のグプタや、新婚の彼を思っての決断だっただけに、決して自分本位ではなかったところがすばらしい。
それだけに空港内を多くの仲間に見送られ進むところが一番心に残ったシーンだった。

2005/01/22

「夜回り先生」のドキュメンタリーを見て

夕方帰宅して、テレビをつけるとTBS系列で「夜回り先生」のドキュメンタリーが放送されていた。
以前にドラマでやっていたのをつい先日ビデオで見たところだったこともあり、関心度大だった。

やっぱりドラマと、現実は違うなとまじまじ思った。

ドラマの水谷先生と、現実の水谷先生を見比べてその意気込みとかバイタリティとかそういう「強さ」を感じずにはいられなかった。
講演会のなかでのこの中の半数がドラッグのことを知り、その半分が誘われ、およそ39人にひとりが現実にドラッグにはまっていくことを言われていた。身近なことなんですね。
薬にはまらないような環境を作るには、ただ強者が弱者を責め非難する構造ではいけない。
いいんだよ、と認めるところから周りを取り囲む空気が変わり他人に対して優しくなれる。

いろんな場面で悪い環境を作る要素があふれてる。自分自身もその一役を担ってるのかもしれないと思うと反省です。

2005/01/19

救命病棟24時 第二話見ました

今日のドラマ、「救命病棟24時」の第二話を見た。

つい先日、震災10周年の番組の中で聞いた、「トリアージ」について早速触れられていた。
瞬間的に治療の優先度を見極めて、ひとりでも多くの命を救おうとするために行われるこの行為。
進藤先生(江口洋介)の行動には、医者として今、この瞬間には何をすべきかについて多くを伝えていたと思う。
そして、体が自由に動ける人に対して、一人でも多くの人を助けてきて欲しいと訴える。
程度の違いはあれども、どんな時も今その瞬間にできることに全力を尽くすことの大事さを感じた。
仲村トオル演じる代議士の行動も一見すると、権力にものを言わせたような圧力的な言動には違いないが、
奥さんを助けたいと思う気持ちには違いない。今後この二人が対立を深めていくことになるのだろうけど、代議士先生の熱い行動を期待したい。

2005/01/08

映画「僕の彼女を紹介します」

2005年、一発目の映画は「僕の彼女を紹介します」。
年末年始忙しくて、なかなかゆっくりと自分の時間がなかっただけに、今日の映画は楽しみだった。

作品は「猟奇的な彼女」にも出ていた女優さん、チョン・ジヒョンとその時の監督クァク・ジェヨンのコンビ。
秋ごろ、映画の予告のチラシを見つけたときから、期待大の作品。

ここからは、少しネタばれ。

前作の「猟奇的・・」と同じようなインパクトのある出会いはすごく面白かった。
その後のラブラブなシーンがまたなんとも幸せな感じでよかった。
でもなぁ、他の人のレビューにもあるけど、X-JAPANの「TEARS」が流れる辺りからその辺が、どうしても映画に集中できなくなった。
歌自体はめちゃええ歌っていうのは知ってるが、聞けば聞くほど、小泉首相の顔が浮かんできてしまい、大事な大事な感動を与えるシーンにもかかわらず、気が散ってしまった。
後、映画事態の展開が少々早いのかな?
そんな感じで、もひとつ良くないかなって思ってた最後、憎いばかりのあの人の出演。
これに最後は救われたって感じ。
やっぱり残された人が幸せであり続けることが、自分自身にとってのいい映画の基準。
その点は、OKでした。

また、「猟奇的・・・」見たくなって来た。

2005/01/03

明けましておめでとうございます

2005年、明けましておめでとうございます。
年末に久々の二連休をもらい、それが正月休暇となってしまいました。
新年は元旦早々から、泊まり勤務。もうすでにばりばり働いている感じ。

今日送ればせながら、年末ジャンボの結果を見てたら3000円が当たってた。
自身の中では初めて300円以上の成績だったかも。
昼間には初詣を済ませ、おみくじを引くと大吉ゲット。
毎年大吉は引いたことがないだけに、今年は何だか様子が違うぞ。

2005年、大いなる飛躍へ向けて、ちょっと得した感じ。

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ