« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004/12/19

矢井田瞳@大阪ドーム

18日、土曜日大阪ドームのヤイコのライブに行ってきました。
ほんと行ってよかった~。8月の万博公園のライブは正直、がっかりさせられただけに、このライブはとても良かった。
ステージの後方にスクリーンを幾つも並べて、それはそれはカッコ良かった。
今日のライブ、印象的だったのは、すごくアコースティックなライブで、特に中盤の「モノクロレター」や「マーブル色の日」とか「手と涙」「i can fly」あたりの並びは後ろの映像をうまく使って、想像を掻き立てた感じだった。
4万人を前に、決して勢いだけで聞かせるのではない感じで、じ~んときた。

そして、なんといっても史上最高のおまけがあった。
な、なんとFM802の番組賞ということで、「ニンテンドーDS」が当たった。
4万分の3。
最初は、知らなかった。
でも前列の女性の方が当たってることを教えてくれた。
それを聞いていなかったら、きっと知らないままだった。
その女性の温かい声にこれまた感謝。
本当にありがとうございました。

なんだかんだ、思い出いっぱい詰まった今回のドームライブだった。
充実。

2004/12/10

日本、死のBグループ

W杯、最終予選組み合わせが決まりました。
日本は、イラン、バーレーン、北朝鮮と同じ組のB組み。
なんでこんな組み合わせなん?と疑いたくなるような感じです。
8月のアジアカップの手に汗握る試合が今度は、本番中の本番で行われるのは、想像するのもしんどくなります。
また、93年以降世界の表舞台から姿を消した北朝鮮の試合にも、嫌な相手としてこの上ない感じ。
折りしも、北朝鮮の拉致問題で他人の骨を偽装して提出するようなことが発覚した矢先だけに、熱くならざるを得ないと思ってる人は少なくないでしょう。

2月9日、運命の北朝鮮戦KICK OFF!

2004/12/02

「ハウルの動く城」

話題の映画、「ハウルの動く城」を見てきた。
中心になるストーリーは、いたって簡単な感じに思えたけど、
その様々な「謎」が多くて、少し消化不良気味。
因果関係というか、話の中心になるべき大事なところもよく分からない。

印象的なのは、ソフィーが自分自身に自信をもてない時は、魔法にかけられた90歳の老女そのものだったのに、
ハウルのことを想い、活動的になると魔法が解けて?18歳の女の子(ただし髪は白髪のまま)になってたところ。
見た目の若さは、必ずしも実年齢だけの問題じゃないんだよって感じがした。
大事なのは、気持ちの問題。
全体的には、ナウシカとラピュタともののけ姫を混ぜたような話かな。
小さい子供は分かるんかな?
評価は★★ぐらい。

映画の予告で、ふたつ面白いのを見つけた。
2005年7月、いよいよスターウォーズ エピソード3が公開される。
シスの復讐。楽しみ。
もひとつは、踊る大捜査線の真下の物語。その名も「交渉人 真下・・・」(また忘れた!)
来年5月。こりゃ絶対チェック。

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ