« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004/09/27

ミナミの火災

先週の木曜だったと思う。大阪のミナミ、ヨーロッパ通りで深夜火事が起きた。
次の日の新聞でそれを知ったが、そのときの写真を見て驚いた。
その写真は、友人の家を思わせるようなくらい、似てたのである。
早速、電話してみると留守番電話になった。
しばらくして、電話が折り返し入ったので、よぉーく聞いてみると、なんと家事はまさにその友人のお隣さんが、出火元だったとのこと。もう少し遅くに火が出てたら、寝てたかもしれないとのこと。そうなったら煙にまかれて、逃げられなかったかもとのこと。火事の被害者に遭うのも人生初だったが、本当に無事で良かったと思う。

2004/09/19

世界の中心で・・・・

「世界の中心で、愛を叫ぶ」とうとうドラマが終わった。
原作よりも、映画よりも今回のドラマが僕自身の胸に響いた。
このドラマがどうして良かったのか?
それは脇を固める人たちの存在を抜きには語れない。
特に朔太郎の父のあり方が、毎回胸を打った。
最終回では、亜紀の葬式に出なかった朔太郎を厳しく問い詰める父の姿があった。
いつも味方になって、朔太郎を支えていた父の愛情とは別の形で、
厳しくそして男らしい威厳に満ちた父の姿が忘れられない。

絶望からの再生がないと、人は救われない。

人はどんなになっても生きていくことを選択しなければならない。
そのためには、多くの試練が待ち構えているかもしれないし、実際そうだろう。
試練を乗り越えるための時間の長さは、あるだろう。
17年。
決して短くはないその時間で、見つけたものの大きさ、そして大事さ。
朔太郎の苦しんだ時間は、新しい生活の中できっと実を結ぶでしょう。


古田の涙


9月18日、プロ野球史上初のストライキが実施された。

前の日のスポルトで、古田選手会長が出演して、必死に自分の言葉で訴えていた。
それはブラウン管を超えて確実に僕らの前に届いた。
番組のテレゴングで、古田を応援するメッセージが立て続けに流された。
その際に見せた古田の涙は、何とも言えずかっこよかった。
自分自身の言葉で伝えようとするその姿が、多くの人を動かし、そして彼を後押ししているように思えてならない。
球団側の出来上がったコメントをテレビの前に垂れ流すだけの姿勢では、何も伝わらない。
究極のところ、セ6球団パ5球団の2リーグ11球団制とか、問題は難しいことは間違いない事実だと思う。
でもしかし、その難題を前に何が語られたのだろうか?
本当にやれるだけのことを球団側はしようとしているのだろうか?
そこに多くのプロ野球ファンが、ストライキを支持したのではなかろうかと思う。

今回の行動で、プロ野球が変わればいいと思う。
Jリーグが最良の形とはいえないが、常に競争を促し、地方の発展に貢献できる形をプロ野球も目指すべきだと思う。既成のブランドだけではなく、新しい可能性を探すべきだと思う。そのためには、可能性の枠を狭めるようなことはあってはならない。

古田の涙から受けた個人的な印象でした。

2004/09/05

HAPPY WEDDING

昨日9月4日、学生時代のサークル仲間の女の子の結婚式があった。
そこへ新婦側友人として男4人女2人でお呼ばれする。
結婚ラッシュは適齢期真っ只中な私としては、次々と同級生たちが、結婚してゆく。
次々と重なる出費に頭を悩ませる。

でも、やっぱり結婚式はいいものだ。

今日の結婚式で初めて、新郎を見た。
なかなかの男前であり、またその友人たちも非常に個性の強い方々が多く、飽きさせない。

いつもは、食事に熱中しがちな披露宴も、今日は頼まれてもいないがカメラマンを演じた。
そんなに広くはない披露宴会場を右へ、左へ。

撮影って結構しんどい。
何か息を止めて撮影しているみたいで、時折のんでたお酒がやたら廻る~。
最後まで、テープもバッテリーもばっちりで、あとはこれから編集作業。
セミプロのような友達の作品をここんとこよき見ていただけに自然と創作意欲にあふれている。
ただ全くのビギナー。
動画撮影も今回まだ2回目の私としては、先の見えない迷路に迷い込んだ様なもの?
ぼちぼち、やって、まだ熱の熱い内に新婦や友達に渡せるようがんばろ。

まぁ、とにかく結婚おめでとう。
年明けには家族が増えるという話は今日初耳でしたので、二重の喜びでした。

2004/09/02

Yaiko Rocks 50 rounds

この前オンエアーされてた、ヤイコのツアードキュメンタリーの番組を見た。
今回は日本全国50箇所をめぐるロングツアーでした。
2月1日のツアー初日の和歌山の映像が映ってました。
夜勤明けプラス、月末の業務と悪条件の重なるなか、
初めてヤフーのオークションでチケットを落札して、
ライブを見に行ったことを思い出した。
ライブの入場の時に、前の人がテレビのインタビューを受けてたから映ってるかなって期待してたけど映ってなかった。

野外ライブの映像もよく映っていたが、8月8日のオオサカキングの時のものばかりで、
見に行った万博の時の映像は一切なし。残念。


« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ