« U-23山本ジャパン | トップページ | 矢井田瞳 万博ライブ »

2004/08/01

アジアカップ 日本VSヨルダンを見て

長い試合だった。TVから見える選手の疲労は相当なものだったと思う。
延長戦も通り越して、PK戦へ。
中村もサントスもゴールを外して、ここまでかぁって思った瞬間、事態は予期せぬ方向へ。
何と、サイドをチェンジすることができるなんて!
中村もサントスも左を外し、ピッチの悪さが原因だとキャプテン宮本が主張。
主張することの大事さ。
そして、その後のGK川口のほんと神がかり的なセービング。
あきらめたらあかんとは、よく言うけれど、ほんまにそうなんやなって思った。
気合いが入れば、四面楚歌のような状況でも乗り越えられる。
技術や戦術だけでは超えられない部分の面白さが体感できたいい試合でした。


« U-23山本ジャパン | トップページ | 矢井田瞳 万博ライブ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45371/1095212

この記事へのトラックバック一覧です: アジアカップ 日本VSヨルダンを見て:

« U-23山本ジャパン | トップページ | 矢井田瞳 万博ライブ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ